« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

ファモチジン(ファシッド)

Facidは、ガスター錠と同じ有効成分のファモチジンを含有する消化性潰瘍治療薬です。犬・猫の胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療します。

Facidの有効成分であるファモチジンは、H2受容体拮抗剤です。胃粘膜上の胃酸分泌に関係する特定部位(H2受容体)を遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑え、潰瘍や胃炎、出血などを改善します。

ファモチジン20mg(ファシッド)

ファモチジン20mg(ファシッド)

ファモチジン40mg(ファシッド)

ファモチジン40mg(ファシッド)


ファモチジン(ファシッド) 【1箱294錠】 20mg/40mg


犬・猫:胃潰瘍、十二指腸潰瘍

デノシル(猫と小型犬用)(PawDenosyl)90mg

デノシル(猫と小型犬用)(PawDenosyl)90mg

デノシル(猫と小型犬用)は、肝機能をサポートする犬猫用のサプリメントです。抗酸化成分であり、肝臓の細胞を守る働きで知られるグルタチオンの前駆体S-アデノシルメチオニン(SAMe)を、1粒あたり90mg配合しています。デノシルは、体内のグルタチオンレベルを上げることにより、ペットの肝機能をサポートします。

▼S-アデノシルメチオニン(SAMe)の働き
体内のグルタチオンレベルを上げ、健全な肝機能の維持および肝臓の解毒作用をサポートします。

デノシル(猫と小型犬用)は、S-アデノシルメチオニン(SAMe)を有用成分とするペットの肝機能の健康維持をするためのサプリメントです。

デノシル(猫と小型犬用)(PawDenosyl)90mg

デナマリン(猫と小型犬用)(Denamarin)

デナマリン(猫と小型犬用)(Denamarin)

デナマリン(猫と小型犬用)は、ペットの肝機能(肝臓のデトックス)をサポートするサプリメントです。SAMe(S-アデノシルメチオニン)とシリビニンを有用成分としています。猫と体重6kg以下の犬用です。

デナマリン(猫と小型犬用)は、肝臓機能に対して有用とされるペット用のサプリメントです。有用成分のSAMe(S-アデノシルメチオニン)は抗酸化物質として知られ、肝機能をサポートするグルタチオンを増やす働きがあると言われています。シリビニンは、肝機能をサポートすることで知られるミルクシスル(マリアアザミ)から抽出され、胆汁の流れをケアすることで、消化や栄養の吸収をサポートします。SAMe同様、グルタチオンを増やす働きがあるとされています。

デナマリン(猫と小型犬用)は、肝臓のデトックス作用を高める作用を示すサプリメントです。

デナマリン(猫と小型犬用)(Denamarin)

ファモチジン (Famotidine)

ガスター錠と同じ有効成分のファモチジンを含有する消化性潰瘍治療薬です。犬・猫の胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療します。

ファモチジンは、H2受容体拮抗剤です。胃粘膜上の胃酸分泌に関係する特定部位(H2受容体)を遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑え、潰瘍や胃炎、出血などを改善します。

ファモチジン10mg (Famotidine)

ファモチジン10mg (Famotidine)

ファモチジン20mg (Famotidine)

ファモチジン20mg (Famotidine)


ファモチジン(Famotidine) 【1箱100錠】 10mg/20mg


犬・猫:胃潰瘍、十二指腸潰瘍

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)

ガスター錠と同じ有効成分のファモチジンを含有する消化性潰瘍治療薬です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療します。本来はヒト用の医薬品ですが、動物用の医薬品としても使用が可能です。
 
ファモチジンは、H2受容体拮抗剤です。胃粘膜上の胃酸分泌に関係する特定部位(H2受容体)を遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑え、潰瘍や胃炎、出血などを改善します。

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)20mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)20mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)40mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)40mg


ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン) 【1箱30錠】 20mg/40mg


犬・猫:胃潰瘍、十二指腸潰瘍


ガスター錠と同成分で安心♪消化器の弱いペットの消化器を守る消化性潰瘍治療薬


【真夏に拾った頭も体も気も弱いボロボロにゃんこ】
真夏の熱気の中、ガリガリの体で鳴いていた捨て猫のミソ(♂)。

拾ったとき、顔は目やにでいっぱい、熱いアスファルトの上を歩いてきたのか、
足の裏はただれていました。すぐに獣医さんに連れていったのですが、
すでにウイルス性の感染症に罹ってしまっていたため、大きくなった今でも
目やにが出やすく、鼻水などもよく出ます。

綺麗なアメショ風の柄、けれど片目が少しいびつな上に、
短い尻尾の先がぼんぼんになっていて、臆病ながらも人馴れしていることから、
獣医さん曰く悪徳ブリーダーに不良品として捨てられたんだろう、とのこと。

拾ったその日、家族は先住猫もいることもあって、もちろん文句を言いましたが、
皆動物好きでチョロいので、私がミソを洗っているのを見にきては手伝ってくれたり、
部屋に造った仮設の猫トイレに工夫してくれたりと、全員がツンデレを発揮。

おかげで1週間経つころには家族の仲間入りが決まっていました。
ミソは頭もあまり良いほうではないのですが、そこがまた可愛く、
今では家族みんなに愛される大切な家族です。

気が付けば5歳を向かえ、かつてガリガリのボロボロだったのが
嘘のように今は先住猫よりも巨大になりました。


【体は大きくなれど胃は弱いままのミソ。ファモジンで負担を軽減】
大きくなっても、体はあまり丈夫ではないようで、ミソは普通の猫よりも吐く回数が多く、
獣医さんに掛かる回数も先住猫に比べて多め。

でも臆病者のミソは予防接種も定期健診もいくたびに疲れ果ていて、2日はぐったり。
しかも病院のニオイがつく所為で先住猫もイライラ・・・。

体は大きくなっても序列は先住猫が上のため、弱っている中、
先住猫からのプレッシャーでミソはさらにストレス過多に・・・。

はっきり物を言う行きつけの獣医さんによれば、ミソは元々頭と気が弱いだけでなく、
胃も弱くて胃炎を起こしやすいのだとか。胃が弱っている中、
病院に連れていくのは気の毒で、吐いた時にすぐに与えられる常備薬があればな・・・
と調べたところ、見つけたのがファモジンでした。

たまに処方してもらっている、胃酸の分泌を抑える薬「ガスター10」の
ジェネリック品とのことで、成分は同じファモチジンとのこと。

獣医さんと相談ののち、嘔吐が続く時はこちらを与えて、
ひとまず胃の回復を待ってから病院に連れて行くようにすることで、
少しでもミソの胃の負担軽減を図ることに。


【胃の負担をできる限り最小限に】
ファモジンを与えて、胃の状態を回復させてから病院にいくようになってからというもの、
病院から帰ってきた後、ミソがぐったりダウンしている時間が目に見えて短くなりました。

先住猫のプレッシャーにも抵抗をみせるようになり、少しずつですが強い子に
なってきているようです。同じストレスでも、普通の胃の状態で受けるのと、
荒れた胃に受けるのとでは、負担が違いますからね。

もう少しメンタル面が強くなってくれればなあと思いつつ、これも個性だと思って、
今後も愛情を注いであげようと思います。

ガスター錠と同じ有効成分のファモチジンを含有する消化性潰瘍治療薬です。胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療します。本来はヒト用の医薬品ですが、動物用の医薬品としても使用が可能です。
 
ファモチジンは、H2受容体拮抗剤です。胃粘膜上の胃酸分泌に関係する特定部位(H2受容体)を遮断することにより、胃酸やペプシンの分泌を抑え、潰瘍や胃炎、出血などを改善します。

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)20mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)20mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)40mg

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)40mg


ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン) 【1箱30錠】 20mg/40mg


犬・猫:胃潰瘍、十二指腸潰瘍

[ウルソジェネリック]ウリシーズ(Ulyses)300mg

[ウルソジェネリック]ウリシーズ(Ulyses)300mg

ジェネリックウルソは、有効成分のウルソデオキシコール酸を含有する犬・猫用の肝機能改善薬です。犬・猫の胆汁性肝硬変、胆汁うっ滞性肝疾患、慢性肝疾患などの治療に用いられます。

ジェネリックウルソは、胆汁の流れを良くする薬です。

ジェネリックウルソに含有されている有効成分のウルソデオキシコール酸は、胆汁の分泌を促すことで、胆汁のうっ滞を改善し、肝臓の炎症を抑えて、肝臓の機能を改善します。また、膵液の分泌を促すことで、消化吸収を良くして、消化不良を改善します。

[ウルソジェネリック]ウリシーズ(Ulyses)300mg

トラマドール50mg(Tramadol-Mepha)

トラマドール50mg(Tramadol-Mepha)

Tramadol-Mepha(トラマールジェネリック)は、有効成分のトラマドールを含有するがん疼痛・慢性疼痛治療薬です。犬・猫の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効かない痛みなどに使用します。

Tramadol-Mepha(トラマールジェネリック)の有効成分であるトラマドールは、脳内の痛みに関与する部位(オピオイド受容体)に結合することで、痛みの伝導を抑制します。NSAIDsではコントロールできない痛み(がんや慢性の強い痛み)を鎮痛する薬です。

トラマドール50mg(Tramadol-Mepha)

トラマドール50mg(Arrow-Tramadol)

トラマドール50mg(Arrow-Tramadol) 【1箱100カプセル】

Arrow-Tramadol(トラマールジェネリック)は、有効成分のトラマドールを含有するがん疼痛・慢性疼痛治療薬です。犬・猫の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効かない痛みなどに使用します。

Arrow-Tramadol(トラマールジェネリック)の有効成分であるトラマドールは、脳内の痛みに関与する部位(オピオイド受容体)に結合することで、痛みの伝導を抑制します。NSAIDsではコントロールできない痛み(がんや慢性の強い痛み)を鎮痛する薬です。

トラマドール50mg(Arrow-Tramadol)

トラマドール50mg(Apo-Tramadol)

トラマドール50mg(Apo-Tramadol)

トラマドールは、がん疼痛・慢性疼痛治療薬です。犬・猫の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効かない痛みなどに使用します。

有効成分のトラマドールは、脳内の痛みに関与する部位(オピオイド受容体)に結合することで、痛みの伝導を抑制します。NSAIDsではコントロールできない痛み(がんや慢性の強い痛み)を鎮痛する薬です。

トラマドール50mg(Apo-Tramadol)

慢性的な痛みをケア!愛するペットの笑顔のために!


【家族の一員、マンリー】
うちには、私が学生時代から飼っているスコティッシュフォールドの女の子がいます。
名前は、マンリー。

旅行で訪れて大好きになった、オーストラリアのビーチから名づけました。
出会った時にはコロコロとした子猫だったマンリーも、今年で14歳。
先日、少し下痢気味かな?と思い、病院に連れて行ったところ、
進行性の癌だと診断されました。

それまで特に具合が悪いわけでもなく、
元々、おとなしい性格の子だったし、高齢にもなってきたので、
あまり動かないのもそのせいだと思っていました。

食欲が少し落ちたかもとは感じていましたが、お腹の具合が悪いだけかと。

なので、診断を聞いた時は、「まさか」と思った後は頭が真っ白。
どうやって家まで帰ったのか覚えていません。
それから数日は、涙が止まりませんでした。


【疼痛の緩和を願って。家に届いたトラマドール】
あまり痛そうな素振りを見せないマンリーですが、
お医者様は「猫は(犬も)痛みを感じないのではなく、痛みを我慢して、周りに隠す」
とのこと。

それでも、進行段階からすると、大分痛みは強いだろうと言われました。
高齢で体力的に手術も難しい今、私がマンリーにしてあげられることは、
彼女から痛みや苦しみを取り除いてあげること。
少しでも、楽にしてあげること。

治してあげられないのは悲しいけれど、
これが今できる最善の策だと、家族とも話し合って、鎮痛剤を購入することにしました。

うさパラさんには、これまでにもお世話になっているので、今回も迷わず注文。
期待を裏切らず、頼んでからすぐ、家に薬が到着しました。
精神的にまいっている時には特に、こういった迅速な対応は助かります。

その日から早速、使い始めました。


【残りの家族との時間を楽しく、笑顔に】
今は、トラマドールを1日2回、朝と昼に与えています。
食欲も戻ってきたようで、おやつを欲しがるようになりました。

やっぱり痛くて、我慢してたんですね。

お別れがいつくるかを考えるか、悩んで落ち込んでいてももったいないので、
トラマドールで痛みをケアしてあげながら、
残りの大切な時間を一緒に過ごしていきたいと思います。

トラマドール50mg(Apo-Tramadol)

トラマドールは、がん疼痛・慢性疼痛治療薬です。犬・猫の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が効かない痛みなどに使用します。

有効成分のトラマドールは、脳内の痛みに関与する部位(オピオイド受容体)に結合することで、痛みの伝導を抑制します。NSAIDsではコントロールできない痛み(がんや慢性の強い痛み)を鎮痛する薬です。

トラマドール50mg(Apo-Tramadol)

トキソモックス(Toxo-mox)

Toxo-Mox(トキソモックス)は、有効成分のアモキシシリン・クラブラン酸カリウムを含有した犬・猫の複合抗生物質製剤です。細菌性皮膚感染症や尿路感染症などを治療します。

Toxo-Mox(トキソモックス)は、細菌を殺し、感染を治療する薬です。

有効成分のアモキシシリンは、グラム陽性菌と陰性菌に対し抗菌性を示す、広域スペクトラムのペニシリン系抗生物質です。アモキシシリンは活発に分裂している細菌に、殺菌的に作用することから急性期に多く使用されます。また、細菌の細胞壁に作用するため、副作用が比較的少ないのが特徴です。ペニシリンなどを分解する酵素(β‐ラクタマーゼ)の働きを抑えるクラブラン酸カリウムが配合されているため、β‐ラクタマーゼを持っている細菌にも効果があります。

トキソモックス(Toxo-mox)250mg

トキソモックス(Toxo-mox)250mg

トキソモックス(Toxo-mox)500mg

トキソモックス(Toxo-mox)500mg

セファレキシン250mg(セファデックス)・カプセルタイプ

セファレキシン250mg(セファデックス)・カプセルタイプ

セファレキシンはセフェム系抗生物質のセファレキシンを有効成分としたカプセルタイプの抗生物質製剤です。本来はヒト用の医薬品ですが、動物用医薬品として使用される場合もあります。

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属などのグラム陽性菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属などのグラム陰性菌に対して、広い抗菌スペクトルを有します。

特にブドウ球菌に対して優れた抗菌活性をもち、安全性も高いことから、犬の膿皮症や、細菌性膀胱炎の治療にも使われています。

セファレキシン250mg(セファデックス)・カプセルタイプ

マルボフロキサシン(Marbomet)50mg

マルボフロキサシン(Marbomet)50mg

Marbometは、有効成分のマルボフロキサシンを含有した犬・猫用のニューキノロン系抗菌剤です。

Marbometの有効成分であるマルボフロキサシンは、幅広い細菌に効果を発揮する広い抗菌スペクトルと、強い抗菌効果、持続力が特徴です。細菌の核酸(DNA)の増殖を抑えることで、細菌を殺して、犬・猫の細菌性皮膚感染症を治療します。

速やかでかつ高い血漿中濃度を得ることができるマルボフロキサシンは、優れた有効性と安全性を有します。

マルボフロキサシン(Marbomet)50mg

Stomorgyl2犬猫用

Stomorgyl2犬猫用

Stomorgylは、有効成分のスピラマイシンとメトロニダゾールを含有した犬・猫用の配合錠です。

2種類の抗生物質を含有しているStomorgylは、細菌を殺すことで犬・猫の口腔環境を改善します。

Stomorgylの有効成分であるスピラマイシンは、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌などのグラム陽性菌への殺菌作用をはじめ、抗ジアルジア、抗マイコプラズマ、抗トキソプラズマ作用を有します。また、メトロニダゾールが嫌気性菌(ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、ポルフィロモナス属、フソバクテリウム属、クロストリジウム属、ユーバクテリウム属)や原虫に効果を発揮します。

Stomorgyl2犬猫用

2019年3月30日 (土)

ジルケーンチューズ(犬猫用/10kg未満)

ジルケーンチューズ(犬猫用/10kg未満)

ジルケンチューズは、ペットのストレスケアを目的とする、チュアブルタイプのサプリメントです。フランス発、ベトキノール社の商品。ペットのサイズ別に種類があり、本品は体重10kg未満の犬および猫用です。

ジルケンチューズが活躍するのは、飼い主と離れて過ごすとき、知らない人や動物に会うとき、離乳の時期、遠くへのお出かけ、花火の日、ペットの生活習慣を変えないといけないときなどです。このようなペットにストレスがかかりやすいシーンの前、あるいはストレスを感じている際に投与します。ジルケンチューズがペットの気持ちを安定へと導き、落ち着いた行動がとれるように助けます。

犬・猫のストレスケアに活用したいジルケンチューズは、ペットにとって美味しく、食べさせやすいよう配慮されています。

ジルケーンチューズ(犬猫用/10kg未満)

ザイロリック(Zyloric)100mg

ザイロリック(Zyloric)100mg

ザイロリックは、アロプリノールを有効成分とした尿酸降下薬です。

アロプリノールは、キサンチンオキシダーゼ阻害剤として知られ、尿酸の生合成を抑え、体内の尿酸を減らす作用があります。尿酸は通常、尿として除去されるアラントインに変化しますが、動物の中にはアラントインへの変化が上手くできないという遺伝的な欠陥をもったものもいるようです。

体内で、核酸からプリン体、ヒポキサンチン、さらにキサンチンを経て尿酸は生成されますが、この過程のうち、ヒポキサンチンから尿酸への代謝に重要な役目をするのがキサンチンオキシダーゼという酵素です。アロプリノールは、そのキサンチンオキシダーゼの働きを阻害することで尿酸の生成を抑えます。それにより、血中や尿中の尿酸値を低下させます。

アロプリノールは、尿酸塩膀胱結石の再発予防や、リーシュマニア(犬リーシュマニア)による重度の感染に対する薬として用いられている成分です。

 

ザイロリック(Zyloric)100mg

 

トピゲン耳・皮膚用ローション (Topigen)

トピゲン耳・皮膚用ローション (Topigen)

トピゲン耳・皮膚用ローションは、急性・慢性湿疹や細菌性・真菌性皮膚炎、外耳炎などの治療に用いる動物用液剤です。抗生物質と抗真菌成分、および副腎皮質ホルモンを含有しています。

トピゲン耳・皮膚用ローションに含有されている抗生物質のゲンタマイシンは、アミノグリコシド系に分類され、幅広い細菌に効果を発揮する抗菌成分です。また、抗真菌成分であるナイスタチンはポリエン系に分類され、真菌の細胞膜に障害を与えることによって真菌が増えるのを抑制します。フルオシノロンアセトニドは、皮膚の化膿や発赤、腫れ、かゆみなどの炎症を鎮める副腎皮質ホルモンです。

3種類の有効成分を含有したトピゲン耳・皮膚用ローションは、犬と猫の両方にお使いいただける動物用の薬です。

トピゲン耳・皮膚用ローション (Topigen)

かゆみ止め成分配合!ペットの皮膚炎や外耳炎、真菌症など幅広いお悩みに対応!


■なかなか治らないマラセチア皮膚炎…
この夏、初のマラセチア皮膚炎に罹ってしまったコタロウ(柴・4歳♂)。
マラセチア用の医薬品シャンプーで週二回洗浄を続けているものの、
なかなか良くならず・・・。

理由の一つは、おそらく、せっかく洗った患部をコタロウが舐めたり噛んだりして、
かさぶたがすぐに剥がれ、またそこから皮膚炎が悪化してしまうということ。

加えて、かゆみのせいであまりよく眠れていないようで、
毎日、どことなく機嫌が悪く、疲れている感じでした。


■ネットで見つけた「トピゲン耳・皮膚用ローション」
獣医さん曰く、ペットによって治りの早さは異なるとのことでしたが、
これじゃいつまでたっても良くならないと、いつもおやつなどを買ってるネットサイトで
調べてみたところ、見つけたのがこのトピゲン耳・皮膚用ローションでした。

なんでもこれ、抗真菌剤(真菌:マラセチアのこと)であると同時に化膿や炎症、
痒みを抑えてくれる優れものなのだとか。これならいけるのではないかと、
すぐ獣医さんに相談して注文することにしました。

商品到着後、いつものシャンプーのあと、到着したローションを患部に塗ってみたところ、
はじめはなんだか落ち着かない様子だったコタロウも、徐々に意識が逸れたのか、
患部を触らなくなりました。

なにより、配合されているかゆみ止めの成分のおかげでかゆみが気にならなくなったのか、
塗った後しばらくして横になったと思ったら、すぐに眠りにおちてしまいました。

これまでなら途中で起きて、執拗にかさぶたを噛んだりしていたのに、それもなく…。
疲れがたまっていたのか、結局そのままその日はずっと眠っていました。


■ようやく症状も治まり、いつもの元気な姿に。ハゲも改善♪
患部を引っ掻くことがなくなってからというもの、皮膚炎は日に日によくなり、
それと同時にコタロウも前と同じく元気な姿に。
今は皮膚炎でハゲていたところにも毛が生えだして、一安心といったところ。

獣医さんからもお墨付きをもらい、
今は医薬品シャンプーから普通のペット用シャンプーに切り替えていますが、
マラセチアは再発しやすいとのことだったので、
暑さがおさまるまでは油断せずにしっかり洗ってあげたいと思います。

もちろん、再発しないことを願いたいところですが、
もしもの時に備えてトピゲン耳・皮膚用ローションを家に置いています。
これは湿疹や、外耳炎などにも使えるそうなので、
常備薬としてもなかなか良いように思います。

あと飼い主として私にできることは、毎日よく触って調子をみてあげること。
もう辛そうなコタロウの姿を見たくないので、しっかり経過を観察して、
再発防止に努めたいと思います。

トピゲン耳・皮膚用ローション (Topigen)

トピゲン耳・皮膚用ローションは、急性・慢性湿疹や細菌性・真菌性皮膚炎、外耳炎などの治療に用いる動物用液剤です。抗生物質と抗真菌成分、および副腎皮質ホルモンを含有しています。

トピゲン耳・皮膚用ローションに含有されている抗生物質のゲンタマイシンは、アミノグリコシド系に分類され、幅広い細菌に効果を発揮する抗菌成分です。また、抗真菌成分であるナイスタチンはポリエン系に分類され、真菌の細胞膜に障害を与えることによって真菌が増えるのを抑制します。フルオシノロンアセトニドは、皮膚の化膿や発赤、腫れ、かゆみなどの炎症を鎮める副腎皮質ホルモンです。

3種類の有効成分を含有したトピゲン耳・皮膚用ローションは、犬と猫の両方にお使いいただける動物用の薬です。

トピゲン耳・皮膚用ローション (Topigen)

2019年3月29日 (金)

アタカンド(Atacand)16mg

アタカンド(Atacand)16mg

高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。 犬猫兼用となります。 副作用が少なく、長期服用に向いています。

血管を拡張させ水分や塩分を調整し、血圧を下げる効果が期待されます。 また、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられています。

アタカンド(Atacand)16mg

 

副作用が少ないので安心♪ワンちゃんネコちゃんの血圧コントロールに

【愛は盲目。一人娘を“猫っかわいがり”の日々】 子供のいない私たち夫婦にとって、飼い猫のまる(雌)は 目の中に入れても痛くない、本当の娘のような存在です。

 

生後7ヶ月の時に引き取ってからずっと 「かわいいねぇ」「美人だねぇ」とほめ続け、 おやつをねだられたらいつでもあげて、 人間のご飯のときも、おすそ分け。

 

動物病院で、お医者様に「太り気味ですね」といわれていても、 避妊手術を受けたら太りやすくなるというし、 「少しぐらい丸い方がかわいいし、大丈夫♪」なんて、 主人も私ものんきに構えていました。

 

 

【適正体重を超オーバー!そしてまさかの高血圧】 しかし先日、年に1回のワクチン接種で病院を訪れた際、 お医者様がまるを見るなり一言。

 

「太り過ぎです」

 

太り“気味”ではなく、太り“過ぎ”。 見た目だけではなく、診察台に乗せて計ってみると、 体重は適正数値よりも大きくオーバー。 そして、血圧も大分高いことが判明しました。

 

人間ではよく聞く高血圧。 まさか、猫にも起こるなんて知らなかったんです。

 

考えてみれば当たり前ですよね。 親の欲目で見逃していたけれど、我に返ると確かにうちの子は、ヘチマのような下半身。 寝そべる姿は上から見ると四角形…。

 

飼い主である自分たちが食事も運動も気をつけてあげなきゃいけなかったのにと、 無知な自分を深く反省しました。

 

 

【アタカンドで血圧安定。いつまでも一緒にいようね】 高血圧は、放っておくと失明や命に関わる心臓病・腎臓病のリスクもある怖い症状。 お医者様と相談し、体重減少と血圧降下のため、 運動と食事療法に加えてお薬を飲むことに。

 

いつもお世話になっているうさパラさんのサイトで 先生からも薦められたアタカンドを発見し、早速注文しました。

 

明らかに減った食べ物とおやつの量に、まるはミャーミャーと不満げに鳴いていますが、 心を鬼にしてあげたい誘惑をぐっと我慢です。 その甲斐あって、心なしかシュッとなったような(笑)

 

あれ以来、定期的に動物病院で診てもらっていますが、 血圧も大分落ち着いてきているようです。

 

副作用も今のところ見られず、継続が必要な薬なので大助かり。 家族3人、長く笑顔で暮らしていけるよう、引き続き一緒に頑張っていきます。

 

アタカンド(Atacand)16mg

 

 

高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。 犬猫兼用となります。 副作用が少なく、長期服用に向いています。

 

血管を拡張させ水分や塩分を調整し、血圧を下げる効果が期待されます。 また、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられています。

 

アタカンド(Atacand)16mg

 

Stomorgyl10犬猫用

Stomorgyl10犬猫用

Stomorgylは、有効成分のスピラマイシンとメトロニダゾールを含有した犬・猫用の配合錠です。

2種類の抗生物質を含有しているStomorgylは、細菌を殺すことで犬・猫の口腔環境を改善します。

Stomorgylの有効成分であるスピラマイシンは、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌などのグラム陽性菌への殺菌作用をはじめ、抗ジアルジア、抗マイコプラズマ、抗トキソプラズマ作用を有します。また、メトロニダゾールが嫌気性菌(ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、ポルフィロモナス属、フソバクテリウム属、クロストリジウム属、ユーバクテリウム属)や原虫に効果を発揮します。

Stomorgyl10犬猫用

2019年3月27日 (水)

アンチローブ(Antirobe)25mg犬猫用

アンチローブ(Antirobe)25mg犬猫用

アンチローブは、有効成分のクリンダマイシンを含有した犬・猫用の抗生物質です。

リンコマイシン系の抗生物質であるクリンダマイシンは、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

アンチローブは、皮膚感染症や呼吸器感染症、口腔のグラム陽性細菌感染など、特に口腔内感染(歯周病)および嫌気性細菌感染症に効果を発揮する薬です。

アンチローブ(Antirobe)25mg犬猫用

2019年3月26日 (火)

[ゾビラックスジェネリック]アシビルDT(Acivir-400DT)400mg

[ゾビラックスジェネリック]アシビルDT(Acivir-400DT)400mg

Acivir-400DTは、ゾビラックス錠と同じ有効成分のアシクロビルを含有する犬・猫のヘルペスウイルス感染症治療薬です。

Acivir-400DTの有効成分であるアシクロビルは、単純ヘルペスウイルスのDNAの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制します。吐き気や嘔吐、よだれが主症状である犬ヘルペスウイルス感染症や、鼻炎と結膜炎を主徴とする上部気道炎が主症状である猫ヘルペスウイルスの症状を改善します。

[ゾビラックスジェネリック]アシビルDT(Acivir-400DT)400mg

タリビッド(Tarivid)200mg

タリビッド(Tarivid)200mg

タリビッドは、犬・猫用の抗生物質です。オフロキサシン錠100「KS」と同じ有効成分のオフロキサシンを含有しています。

タリビッドの有効成分であるオフロキサシンは、グラム陰性菌および陽性菌に対し強い抗菌性を示す広域スペクトルのニューキノロン系抗生物質です。細菌の核酸であるDNAが増えるのを抑えることにより細菌を殺して、感染を治療します。

オフロキサシンの組織移行性は高く、優れた効果が期待できるのが特徴です。

タリビッド(Tarivid)200mg

2019年3月24日 (日)

[バナンジェネリック]セフォプロックス(Cefoprox)100mg

[バナンジェネリック]セフォプロックス(Cefoprox)100mg

セフォプロックスは、有効成分のセフポドキシム プロキセチルを含有する抗生物質で、飲みやすいオレンジ味の口腔内崩壊錠タイプです。抗生物質の中でも、セフポドキシム プロキセチルは第3世代の経口セファロスポリン系に分類され、グラム陽性・陰性菌に対して幅広い抗菌活性を示すのが特徴です。

セフォプロックスは、細菌を殺して、感染を治療する薬です。

セフォプロックスに含有されている有効成分のセフポドキシム プロキセチルは、細菌の外側の壁である細胞壁の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。1日1回の経口投与で飼い主さんの投薬負担を軽減して、コンプライアンスを向上します。

[バナンジェネリック]セフォプロックス(Cefoprox)100mg

2019年3月23日 (土)

アマシン眼・耳オイントメント(AmacinEye&EarOintment)

アマシン眼・耳オイントメント(AmacinEye&EarOintment)

アマシン眼・耳オイントメントは、犬猫における眼および耳感染症を治療する軟膏薬です。

有効成分のスルファセタミド、ネオマイシン、プレドニゾロン、ポリミキシンBを含有しています。

スルファセタミド
スルホンアミド系の抗生物質です。細菌を殺して、感染症を治療します。

ネオマイシン
アミノグリコシド系の抗生物質です。細菌を殺して、感染症を治療します。

プレドニゾロン
副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。発赤、腫れ、かゆみなどの炎症を抑えます。

ポリミキシンB
ポリペプチド系の抗生物質です。細菌を殺して、感染症を治療します。

アマシン眼・耳オイントメント(AmacinEye&EarOintment)

2019年3月22日 (金)

[ジスロマックジェネリック]アジスロマイシン(Azipro)250mg

[ジスロマックジェネリック]アジスロマイシン(Azipro)250mg

Azipro(アジプロ)は、マクロライド系の抗生物質です。ジスロマック錠と同じ有効成分のアジスロマイシンを含有しています。

Azipro(アジプロ)は、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、犬・猫のバベシア症やクリプトスポリジウム症、猫のトキソプラズマ症やバルトネラ症(猫ひっかき病)などの感染症を治療します。

[ジスロマックジェネリック]アジスロマイシン(Azipro)250mg



ジスロマックジェネリック/アジスロマイシン(Azipro)500mg

Azipro(アジプロ)は、マクロライド系の抗生物質です。ジスロマック錠と同じ有効成分のアジスロマイシンを含有しています。

Azipro(アジプロ)は、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、犬・猫のバベシア症やクリプトスポリジウム症、猫のトキソプラズマ症やバルトネラ症(猫ひっかき病)などの感染症を治療します。

ジスロマックジェネリック/アジスロマイシン(Azipro)500mg

ジスロマックジェネリック/アジスロマイシン(Azipro)500mg

ジスロマックジェネリック/アジスロマイシン(Azipro)500mg

Azipro(アジプロ)は、マクロライド系の抗生物質です。ジスロマック錠と同じ有効成分のアジスロマイシンを含有しています。

Azipro(アジプロ)は、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、犬・猫のバベシア症やクリプトスポリジウム症、猫のトキソプラズマ症やバルトネラ症(猫ひっかき病)などの感染症を治療します。

ジスロマックジェネリック/アジスロマイシン(Azipro)500mg



[ジスロマックジェネリック]アジスロマイシン(Azipro)250mg

Azipro(アジプロ)は、マクロライド系の抗生物質です。ジスロマック錠と同じ有効成分のアジスロマイシンを含有しています。

Azipro(アジプロ)は、細菌のタンパク質の合成を阻害することで、細菌を殺して、犬・猫のバベシア症やクリプトスポリジウム症、猫のトキソプラズマ症やバルトネラ症(猫ひっかき病)などの感染症を治療します。

[ジスロマックジェネリック]アジスロマイシン(Azipro)250mg

2019年3月20日 (水)

ケフレックス(Keflex)250mg[セファレキシン]

ケフレックス(Keflex)250mg[セファレキシン]

ケフレックスは、有効成分のセファレキシンを含有するセフェム系抗生物質です。犬・猫における細菌性皮膚感染症や細菌性膀胱炎の治療に使用します。

本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

犬や猫の場合、皮膚の感染、傷口の感染、骨の感染、肺炎、膀胱の感染などのバクテリア感染など、主に感染症治療薬として用いられます。
但し、寄生虫、ダニ、ウィルス、真菌による感染には効果がありません。

ケフレックス(Keflex)250mg[セファレキシン]

2019年3月19日 (火)

アモキシシリン(Amoxicillin)250mg

アモキシシリン(Amoxicillin)250mg

アモキシシリンは、グラム陽性菌、陰性菌にかかわらず、高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質です。

細菌の外側にある細胞壁の合成を阻害して細菌を殺し、感染を治療する薬剤です。その広域のスペクトルから、中耳炎、扁桃腺、副鼻腔炎、肺炎、細菌性腸炎、肛門腺炎、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、子宮内膜炎、子宮蓄膿症、乳腺炎と多くの感染症の治療に有効であるといわれています。

アモキシシリンは殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも優れた効果を発揮すると考えられています。

加えて、アモキシシリンは投与後、速やかに各組織に移行し、多くが体内で蓄積されることなく、腎排泄されますので、急性感染症の治療に適しています。

アモキシシリンは使用制限の少ない薬剤であることも知られ、年齢制限や併用注意の薬剤も少なく、一般的に妊娠動物にも使用できます。

アモキシシリン(Amoxicillin)250mg

2019年3月18日 (月)

ビブラマイシンジェネリック100mg(Monodoks)

ビブラマイシンジェネリック100mg(Monodoks)

ビブラマイシンジェネリックは、有効成分のドキシサイクリンを含有するテトラサイクリン系の抗生物質です。

ビブラマイシンジェネリックの有効成分であるドキシサイクリンは、細菌のたんぱく質の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

ビブラマイシンジェネリック100mg(Monodoks)

2019年3月17日 (日)

クラリスロマイシン(製品名:Synclar)

クラリスロマイシン(製品名:Synclar)250mg

Synclarは、犬・猫用のマクロライド系抗生物質製剤です。クラリシッド錠と同じ有効成分のクラリスロマイシンを含有しています。

Synclarの有効成分であるクラリスロマイシンは、細菌のたんぱく質の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

細菌性の皮膚感染症や呼吸器感染症に効果を発揮する薬剤です。

クラリスロマイシン(製品名:Synclar)250mg

クラリスロマイシン(製品名:Synclar)500mg

Synclarは、犬・猫用のマクロライド系抗生物質製剤です。クラリシッド錠と同じ有効成分のクラリスロマイシンを含有しています。

Synclarの有効成分であるクラリスロマイシンは、細菌のたんぱく質の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

細菌性の皮膚感染症や呼吸器感染症に効果を発揮する薬剤です。

クラリスロマイシン(製品名:Synclar)500mg

Bayrocin犬猫兼用(海外版バイトリル)

Bayrocin犬猫兼用(海外版バイトリル)50mg

海外版バイトリルは、有効成分のエンロフロキサシンを含有する、犬および猫の尿路感染症治療薬です。

海外版バイトリルに含有されている有効成分のエンロフロキサシンは、細菌細胞のDNA合成に欠かせない酵素であるDNAジャイレースを特異的に阻害することで、細菌の増殖を抑え、犬・猫の尿路感染症(細菌性膀胱炎を含む)を改善します。

グラム陽性菌やグラム陰性菌などの幅広い細菌に対し、強い殺菌効果を示すエンロフロキサシンは、感染組織に速やかに移行する国内初の犬・猫用フルオロキノロン系抗菌薬です。

Bayrocin犬猫兼用(海外版バイトリル)50mg

Bayrocin犬猫兼用(海外版バイトリル)150mg

海外版バイトリルは、有効成分のエンロフロキサシンを含有する、犬および猫の尿路感染症治療薬です。

海外版バイトリルに含有されている有効成分のエンロフロキサシンは、細菌細胞のDNA合成に欠かせない酵素であるDNAジャイレースを特異的に阻害することで、細菌の増殖を抑え、犬・猫の尿路感染症(細菌性膀胱炎を含む)を改善します。

グラム陽性菌やグラム陰性菌などの幅広い細菌に対し、強い殺菌効果を示すエンロフロキサシンは、感染組織に速やかに移行する国内初の犬・猫用フルオロキノロン系抗菌薬です。

Bayrocin犬猫兼用(海外版バイトリル)150mg

2019年3月15日 (金)

タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT)

タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT)

タリビッドジェネリックは、犬・猫用の抗生物質です。オフロキサシン錠100「KS」と同じ有効成分のオフロキサシンを含有しています。

タリビッドジェネリックの有効成分であるオフロキサシンは、グラム陰性菌および陽性菌に対し強い抗菌性を示す広域スペクトルのニューキノロン系抗生物質です。細菌の核酸であるDNAが増えるのを抑えることにより細菌を殺して、感染を治療します。

オフロキサシンの組織移行性は高く、優れた効果が期待できるのが特徴です。

タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT)

タリビッドジェネリックで、ペットの細菌性尿路感染症を早期撃退!


【膀胱炎になりやすい我が家のニャンコ】
御年10歳を迎えた飼い猫のポー(♀)。昔と比べても特に変わりなく、元気なように
見えていたのですが、ある日「最近、ポーがずっとトイレにいる」と娘から聞いて、
注意深く見てみれば、確かに前に比べてトイレの回数が増えているようでした。

猫も年をとると頻尿になるのかと、調べてみたところ、猫の頻尿は病気の可能性が高いと
ネットに書かれていて、慌てて病院へ連れて行くことに。

検査の結果、細菌性尿路感染症・・・いわゆる膀胱炎だと診断されました。


【タリビッドジェネリックで、症状改善】
一度膀胱炎を患ったものの、その時は一ヶ月くらいの治療で症状は改善したのです。
しかし、完治とはいかず、時々症状がぶり返したり、本調子には程遠い様子でした。

調子が悪いなか、何度も獣医さんに連れて行くたびに、ポーはさらにぐったりと疲れた様子で、
年も年なため、もう少し負担の少ない方法はないかと調べたところ、
見つけたのがこのタリビッドジェネリックでした。

年齢の所為か、免疫力が落ちているポーは、細菌感染による膀胱炎にかかっていたのですが、
獣医さんに相談したのち、こちらを飲ませてみると調子が良くなり、トイレの回数も平均的に。

薬を与えるのは少し苦労しましたが、病院にいくたびにぐったりしていたことを思えば、
随分とストレスは改善されたよう。猫砂を変えたり、トイレを廊下から暖房の効いている
場所に移動させたり、色々と工夫しつつ、何か変化はないか注意深く見守るようにしました。


【価格も安く、常備薬としては最適】
症状が軽いうちにタリビッドジェネリックで対応できたおかげで、徐々に再発の回数が減り、
今ではポーも随分と元気になりました。
調子を取り戻してから獣医さんに見てもらったところ、健康な状態だとお墨付きを
いただけたので、どうやら薬との相性は良かったようです。

今後も再発の予防に努めつつ、もしもの時に備えて常備薬として、置いておく予定です。
ジェネリック品のため、価格もお安く、家計の負担にもならないのも、ありがたいですね。

これからも長生きしてほしいので、できる限りポーの身体的、精神的な負担を
減らしてあげるよう、今後も注意深く見守ってあげたようと思います。

タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT)

タリビッドジェネリックは、犬・猫用の抗生物質です。オフロキサシン錠100「KS」と同じ有効成分のオフロキサシンを含有しています。

タリビッドジェネリックの有効成分であるオフロキサシンは、グラム陰性菌および陽性菌に対し強い抗菌性を示す広域スペクトルのニューキノロン系抗生物質です。細菌の核酸であるDNAが増えるのを抑えることにより細菌を殺して、感染を治療します。

オフロキサシンの組織移行性は高く、優れた効果が期待できるのが特徴です。

タリビッドジェネリック100mg(Oflox-100 DT)

リクセン(Lixen)600mg

リクセン(Lixen)600mg

リクセン(Lixen)は、セフェム系抗生物質のセファレキシンを有効成分とする薬です。

セファレキシンは、ブドウ球菌に対する優れた殺菌力と高い安全性から、皮膚感染症(膿皮症)の治療で選択されています。細菌性感染症を引き起こす病原性細菌の増殖を抑えることによって、症状を改善する作用があり、主に細菌性皮膚感染症や細菌性膀胱炎の治療に用いられます。

日本で取り扱われている、ビルバック社のリレキシペットと同成分の抗菌剤です。

リクセン(Lixen)600mg

2019年3月14日 (木)

セファレキシン250mg(セファデックス)・錠剤タイプ

セファレキシン250mg(セファデックス)・錠剤タイプ

セファレキシン(Cephalexin)は、セフェム系抗生物質のセファレキシンを有効成分とする薬です。

セファレキシンは、ブドウ球菌に対する優れた殺菌力と高い安全性から、皮膚感染症(膿皮症)の治療で選択されています。細菌性感染症を引き起こす病原性細菌の増殖を抑えることによって、症状を改善する作用があり、主に細菌性皮膚感染症や細菌性膀胱炎の治療に用いられます。

日本で取り扱われている、ビルバック社のリレキシペットと同成分の抗菌剤です。

セファレキシン250mg(セファデックス)・錠剤タイプ

2019年3月13日 (水)

ノバモックス(Novamox)

ノバモックス(Novamox)125mg

ノバモックス(Novamox)は、細菌による感染症などに有効なペニシリン系抗生物質のシロップ剤です。

細菌による感染症は、病原微生物が犬の体内に侵入することで引き起こす病気です。主な症状として、歯の化膿、膀胱の炎症、皮膚の感染などがあります。

ノバモックス(Novamox)は、アモキシシリン(Amoxicillin)を主成分とし、細菌の細胞壁合成を阻害することにより、殺菌的効果を発揮します。広い抗菌スペクトルを持つため、多くの感染性疾患に対して用いられています。

ノバモックス(Novamox)125mg

ノバモックス(Novamox)250mg

ノバモックス(Novamox)は、細菌による感染症などに有効なペニシリン系抗生物質のシロップ剤です。

細菌による感染症は、病原微生物が犬の体内に侵入することで引き起こす病気です。主な症状として、歯の化膿、膀胱の炎症、皮膚の感染などがあります。

ノバモックス(Novamox)は、アモキシシリン(Amoxicillin)を主成分とし、細菌の細胞壁合成を阻害することにより、殺菌的効果を発揮します。広い抗菌スペクトルを持つため、多くの感染性疾患に対して用いられています。

ノバモックス(Novamox)250mg

2019年3月12日 (火)

ロジール(Rosil)ジェネリックダラシン150mg

ロジール(Rosil)ジェネリックダラシン150mg

ロジールは、ビルデンタマイシンと同じ有効成分のクリンダマイシンを含有する抗生物質です。犬の歯周病や、猫の感染症を治療します。

ロジールに含有されている有効成分のクリンダマイシンは、細菌のタンパク質の合成を阻害することで殺菌するリンコマイシン系の抗菌剤です。

ロジール(Rosil)ジェネリックダラシン150mg

2019年3月11日 (月)

ClavuloxPalatableDrops15ml

クラブロックスClavuloxPalatableDrops15ml

クラバモックスとも呼ばれる犬猫用の抗生物質です。おもに皮膚感染症(表在性、深在性膿皮症)や細菌性腸炎、口内炎(歯肉炎)、軟部組織感染症、細菌感染による気管支炎などの呼吸器疾患、細菌性膀胱炎の治療に用いられます。
アモキシシリンとクラブラン酸の働きによりグラム陽性菌だけでなく、大腸菌やサルモネラ菌などのグラム陰性菌にも有効です。
クラブロックスは、細菌細胞独自の細胞壁を標的として作用するペニシリン系抗生物質です。ペットへの毒性が低く、使用における安全性が高いとされています。

Amoxycillin(アモキシシリン) 50mg/ml, Clavulanic Acid(クラブラン酸) 12.5mg/ml

クラブロックスClavuloxPalatableDrops15ml

2019年3月10日 (日)

クロミカルム(Clomicalm)5mg

クロミカルム(Clomicalm)5mg

クロミカルムは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミカルムを使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

クロミカルム(Clomicalm)5mg

2019年3月 9日 (土)

トラセミド(Torpres)

Torpres(トルプレス)は、ルプラック錠と同じ有効成分のトラセミドを含有する利尿薬です。

Torpres(トルプレス)の有効成分であるトラセミドは、腎臓の尿細管でナトリウムが取り込まれるのを抑えて、ナトリウムを水分とともに尿として出します。体内のナトリウムの量を減少させることで、血管内を循環する血液量を減らして、心臓への負荷を軽減します。

類似薬のフロセミド(ラシックス錠)と比べて、およそ10倍効果が強いのが特徴です。

トラセミド10mg(Torpres)

トラセミド10mg(Torpres)

トラセミド20mg(Torpres)

トラセミド20mg(Torpres)

トラセミド40mg(Torpres)

トラセミド40mg(Torpres)


トラセミド10mg(Torpres) 【1箱100錠】


トラセミド20mg(Torpres) 【1箱100錠】


トラセミド40mg(Torpres) 【1箱100錠】


犬・猫の慢性心不全

2019年3月 7日 (木)

チバセンジェネリック(Benazepril)10mg

チバセンジェネリック(Benazepril)10mg

チバセンジェネリックは、有効成分のベナゼプリルを含有する血管拡張薬です。ベナゼプリルは、動物用医薬品・フォルテコール錠と同一の有効成分です。

チバセンジェネリックに含有されている有効成分・ベナゼプリルは、末梢の血管を拡げて血圧を下げる薬です。血管を収縮させる物質であるアンジオテンシン�Uを生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害します。アンジオテンシン�Uの産生を抑えることにより、末梢の血管を拡げて、心臓の負荷を軽減させます。また、輸出細動脈を拡張することで、腎糸球体内圧を下げて、尿たんぱくの漏出を抑えます。

ベナゼプリルは、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善や、猫の慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制をするアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤です。

チバセンジェネリック(Benazepril)10mg

2019年3月 6日 (水)

ゾニサミド(Zonisep)25mg

ゾニサミド(Zonisep)25mg

ゾニセップは、抗てんかん薬です。犬のてんかんの部分発作から全般発作まで幅広い発作のコントロールが可能です。また、獣医師の判断により、猫にもお使いいただけます。

ゾニセップは、脳の神経の過剰な興奮を抑えて、発作(けいれん、意識消失など)を抑える薬です。

ゾニセップに含有されている有効成分のゾニサミドは、脳の神経の過剰な興奮を抑制し、刺激を周囲に伝わりにくくします。薬の血漿中濃度が投与開始約5日後に最大効果を発揮する血中濃度に達するため、効果の発現が早いのが特徴です。
ゾニサミド(Zonisep)25mg

2019年3月 5日 (火)

アタカンド(Atacand)4mg

アタカンド(Atacand)4mg

高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。 犬猫兼用となります。 副作用が少なく、長期服用に向いています。
血管を拡張させ水分や塩分を調整し、血圧を下げる効果が期待されます。 また、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられています。

 

副作用が少ないので安心♪ワンちゃんネコちゃんの血圧コントロールに

【愛は盲目。一人娘を“猫っかわいがり”の日々】 子供のいない私たち夫婦にとって、飼い猫のまる(雌)は 目の中に入れても痛くない、本当の娘のような存在です。

生後7ヶ月の時に引き取ってからずっと 「かわいいねぇ」「美人だねぇ」とほめ続け、 おやつをねだられたらいつでもあげて、 人間のご飯のときも、おすそ分け。

動物病院で、お医者様に「太り気味ですね」といわれていても、 避妊手術を受けたら太りやすくなるというし、 「少しぐらい丸い方がかわいいし、大丈夫♪」なんて、 主人も私ものんきに構えていました。

【適正体重を超オーバー!そしてまさかの高血圧】 しかし先日、年に1回のワクチン接種で病院を訪れた際、 お医者様がまるを見るなり一言。

「太り過ぎです」

太り“気味”ではなく、太り“過ぎ”。 見た目だけではなく、診察台に乗せて計ってみると、 体重は適正数値よりも大きくオーバー。 そして、血圧も大分高いことが判明しました。

人間ではよく聞く高血圧。 まさか、猫にも起こるなんて知らなかったんです。

考えてみれば当たり前ですよね。 親の欲目で見逃していたけれど、我に返ると確かにうちの子は、ヘチマのような下半身。 寝そべる姿は上から見ると四角形…。

飼い主である自分たちが食事も運動も気をつけてあげなきゃいけなかったのにと、 無知な自分を深く反省しました。

【アタカンドで血圧安定。いつまでも一緒にいようね】 高血圧は、放っておくと失明や命に関わる心臓病・腎臓病のリスクもある怖い症状。 お医者様と相談し、体重減少と血圧降下のため、 運動と食事療法に加えてお薬を飲むことに。

いつもお世話になっているうさパラさんのサイトで 先生からも薦められたアタカンドを発見し、早速注文しました。

明らかに減った食べ物とおやつの量に、まるはミャーミャーと不満げに鳴いていますが、 心を鬼にしてあげたい誘惑をぐっと我慢です。 その甲斐あって、心なしかシュッとなったような(笑)

あれ以来、定期的に動物病院で診てもらっていますが、 血圧も大分落ち着いてきているようです。

副作用も今のところ見られず、継続が必要な薬なので大助かり。 家族3人、長く笑顔で暮らしていけるよう、引き続き一緒に頑張っていきます。

 

アタカンド(Atacand)4mg

高血圧症に用いられる降圧剤ブロプレスと同成分カンデサルタン シレキセチル錠です。 犬猫兼用となります。 副作用が少なく、長期服用に向いています。

血管を拡張させ水分や塩分を調整し、血圧を下げる効果が期待されます。 また、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられています。

 

アタカンド(Atacand)8mg

アタカンドは、有効成分のカンデサルタン シレキセチルを含有した持続性アンジオテンシン�U受容体拮抗剤です。血圧降下作用を有し、僧帽弁閉鎖不全症の治療に用いられます。

アタカンドは、末梢の血管を拡げて、心臓の働きを助ける薬です。

アタカンドの有効成分であるカンデサルタン シレキセチルは、血管を収縮させる物質(アンジオテンシン�U)が、血管の特定部位に結びつくのを防ぎます。血管収縮を抑えて末梢の血管を拡げ、血圧を降下させることによって、心臓への負担を軽減します。

 

2019年3月 4日 (月)

フロリネフ(Florinef)0.1mg

フロリネフ(Florinef)0.1mg

 

 

フロリネフは、犬・猫のアジソン病(副腎皮質機能低下症)の治療に用いる合成鉱質コルチコイド製剤です。有効成分のフルドロコルチゾン酢酸エステルを含有しています。

フロリネフは、動物体内で不足しているミネラルを調節する働きのあるホルモンを補う薬です。

フロリネフに含有されている有効成分のフルドロコルチゾン酢酸エステルは、ナトリウムやカリウムなどの代謝に作用する副腎皮質ホルモンです。副腎皮質ホルモンが不足する疾患であるアジソン病(副腎皮質機能低下症)の犬・猫に用いることで、動物体内にナトリウムを貯めて、カリウムを排泄します。

本剤は、体重や症状により投与量が異なりますので、必ず獣医師に指示された用法・用量をお守りください。

 

フロリネフ(Florinef)0.1mg

 

2019年3月 3日 (日)

アラマイルシャンプー 200ml


アラマイルシャンプー


世界中の獣医師から信頼されているブランド「ビルバック」の高品質なシャンプーです。
ビルバックはフランスの動物医療専門の製薬会社です。製品は世界100カ国以上で流通しており、一般家庭のペットオーナーや農場の動物(産業動物)のオーナーのために、最新の予防法や治療法を提供しています。
皮膚のバリア機能に着目し、保湿と滑らかさを維持する効果があります。
皮膚にダメージを与える菌から守る抗菌力をアップできます。
アレルギー体質の犬や猫の不安定な皮膚コンディションを正常に維持できます。
継続使用により、皮膚の抵抗力がアップします。
有効成分のピロクトンオラミンは、真菌(カビ)や細菌類による皮膚病の治療に使われる物質です。敏感な皮膚やアトピー性皮膚炎の皮膚は、常に感染が問題になります。有効成分ピロクトンオラミンはその感染症の悩みを解決します。
シャンプーのベースとなる成分にセラミドを配合し、失われやすい水分を保持し、滑らかな皮膚を作り上げます。
滑らかな皮膚が復活すると、アトピー性皮膚炎の犬や猫の低下した皮膚のバリア機能(防護機能)も回復します。
アトピー性皮膚炎の犬や猫の気になる体臭も、本製品は原因から解決してくれます。


アラマイルシャンプー

2019年3月 2日 (土)

バイタベスト 150ml


バイタベスト


獣医師が自信を持ってお勧めできるメーカー「バルバック」のサプリメントで、ビタミンAを初めとして複数のビタミン類を摂取できるサプリメントです。
バイタベストのメーカー「ビルバック」は世界100か国以上の市場で高品質の動物関連製品を生産販売しています。動物に対する意識が非常に高い欧州文化の中で、常に発展を続ける、動物とオーナーの信頼できるパートナーです。
愛犬や愛猫に継続して毎日与えれば、美しい被毛やエネルギッシュな健康体を維持できます。
仔犬や仔猫の成長を促進し、健康な成犬や成猫に成長するベースを築きます。
この製品1本で、ビタミンAを始めとするいくつかのビタミン類も同時に摂取できます。
本製品の有効成分はタラ肝油と精製大豆油です。
タラ肝油はオメガ3脂肪酸や、抗酸化作用のあるビタミンAやDを含んでいます。
オメガ3脂肪酸は免疫力を高めたり、抗炎症作用など、数えきれないほどの健康維持効果があります。
ビタミンAは目の健康や免疫力アップなど、ビタミンDは強い骨を維持するなどの効果があります。
精製大豆油はオメガ3脂肪酸や健康な皮膚に必要なビタミンE、健康な骨の維持に必要なビタミンKが豊富です。


バイタベスト

2019年3月 1日 (金)

フレッシュコート 150ml


フレッシュコート


洗い流さないペット専用スプレーで、臭いと汚れを落とし、コンディショナー効果もあります。
フレッシュコートのメーカーは、ヒマラヤというハーブなどを中心とした医薬品を扱うインドの会社です。インドは伝統医学アーユルヴェーダの概念から、自然由来の物質を動物医療にも積極的に取り入れており、現在、ヒマラヤ製品は世界90カ国以上の国で販売されています。
アーユルヴェーダで有名なインド生まれのペット専用の天然素材でできた洗浄スプレーです。
天然素材でできているためデリケートな動物の皮膚や被毛に優しく、洗い流す必要がないためシャンプーや水を嫌がる愛犬・愛猫にも使いやすい製品です。
レモン、バジル、ベチベルソウ、の3種類の天然素材が使用されており、若齢のペットにも安心してお使い頂けます。
トリミング後の日頃のお手入れとして使用することで、簡単に清潔を保つことができます。
シャワーの時間がない場合でも、この1本があれば短時間でお手入れ可能です。ペットにも飼い主さんにもストレスが少ない商品です。
シトラス系の爽やかな香りがペットの嫌なニオイを防ぎ、虫を寄せ付けない効果もあります。
本製品はレモン、バジル、ベチベルソウ、の3種類の天然素材が配合されています。
レモンは、そのスッキリとした香りによる天然のデオドラント効果とリフレッシュ効果があります。
バジルは天然の抗菌作用があり、ペットの皮膚や被毛を感染から守り、滑らかに保ちます。
ベチベルソウはイネ科の植物で、その根は天然の防虫効果があり、虫刺されなどを防ぐ効果があります。


フレッシュコート

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

無料ブログはココログ